ぼちぼちいこうや

テキトーテキトーでもやるときゃやる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
帝国ホテル
今日は久々のバイト。
帝国ホテル小林幸子のプレミアムショーみたいなやつの仕込み
21時半から始まり2時過ぎまでかかった。当然終電はない。でも、社員さんに家まで車で送ってもらった。電車賃浮いたぜ

今まで何回か説明したことはあるが仕込みっていうのはコンサートのステージ組んだり、音響機材(スピーカーとかPA卓とか。これが重い重い)設置したり、会場設営したりする。力仕事である女の子じゃあまず無理。夏場とか冬場(今の時期)はホントきつい。でも3時間で5000円くらいは稼げるので良しとする。今日なんかは深夜料金(残業)でたからいくらになったのかな。給与が楽しみ。

でね、俺が言いたいのは次のようなこと。

最初は何も無い空間にあっという間に(場合によってはまる1日かかるけど)ステージとかセットとかが組みあがっていく。その感覚が俺にはたまらない。楽しい。武道館とか代々木第一体育館とかなーにもない空間にデカイものが組みあがっていって完成する。爽快感・達成感みたいなのが得られる。ただ、ものすごく疲れる。
このセットとかどういう人がデザイン(設計)したのかなーとか考える。そういうデザインも楽しそうだし、現場も現場でタイヘンだけど楽しい部分はちょっとある。

まったくめんどくさいステージ設計しやがって。実際に組み立てるバイト君や職人さんのこと考えてよ。ってたまに思う。

でもこの業界には就職したいとは思いません。安月給だし。社員さんとかみてると休みなさそうだし。バイトで十分です。むしろコンサートは絶対に客としていくべきだ。運営してるこっち側は本番中ピリピリしてるし。チーフは機嫌悪いし。中にはいいチーフもいるんだけど。

とまぁ、こんな感じです。一般に仕込みや撤去は「作業」という給料体系でコンサートの「本番」よりも給料がいい。肉体労働だからね。高くて当然だわな。


明日明後日また同じ帝国ホテルで夜に作業のバイトが入っている。頑張って稼ごうと思います。やっぱ肉体労働って稼いでる感があるし、大学生の数少ない運動の機会ととらえているのでなんとかやっていける。たまに芸能人を間近で見ることができるし。


でも体をあまり動かさないで稼ぐ方が楽という考えもわかる。それはそれで頭を使うからタイヘンだ。


楽して稼ぐなんて

したい

でもそれじゃあ達成感とか感じられないだろうし、そもそも社会はそんなに甘くない。


ほなまた。

そうそうブログにカウンター機能を追加した!!
一番上に表示されてるでしょ?
そこにカーソルを合わせるとわかりやすい棒グラフが現れるのようになってる。かっこいー☆
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。